新築建物から既存建物の屋内外の給排水設備の工事を承ります。トイレ・水栓・洗面器・ポンプ・タンクなどの衛生設備の設置及び交換、給水管・排水管・排水桝・雨水桝・雨水浸透施設・給湯設備・直結増圧給水工事の施工を承ります。



下水道の切替工事

浄化槽やトイレの排水を下水道に流すための工事です。下水道への接続は、下水道本管の工事が終了し共用が開始してから1年以内に行いましょう。



工事の手順

1.業者への見積り依頼

各市町村で「排水設備指定工事店」だけが接続工事を行うことができます。


2.現場調査・測量

各実際工事を行う現場の調査をさせて頂き簡単な見積り用の図面を作成します。


3.契約

見積書を検討して決定してください。契約の前に図面と現場を見て説明を聞き契約しましょう。


4.申請、審査

市町村の下水道部に工事の図面、各申請書を提出し審査を受けます。
適正ならば確認通知書が交付されます。


5.工事開始

不要な配管、桝等を撤去し新しい配管にしていきます。
一時的に断水しますが夕方には使えようになります。


6.工事の完成、完了検査

工事完了後は下水道部管理課の職員が施工業者立会で検査を行い、
合格の場合検査済証のシールを貼ります。



水洗便所改造資金融資あっせん利子補給について

下水道へ接続する際にかかる工事費用を一度に負担するのが困難な場合に、金融機関から借り入れる金額の利息分を市で負担してもらえるお得な制度です。
詳しくは水洗便所改造資金融資あっせん利子補給(富士市公式ページ)をご覧ください。



下水道事業受益者負担金について

下水道が整備された地域では、衛生的で快適な生活を送れるようになります。 この地域の人たちに下水道工事費の一部を一度だけ負担していただき、 下水道を早く整備しようという制度です。
詳しくは受益者負担金制度(富士市公式ページ)をご覧ください。




上下水道給排水の申請業務

上下水道工事を行うには、行政への手続きが必要になります。 事務的手続きが多く、現場に出ていることが多い環境の中、なかなか申請ができずにいることが多くあると思います。 そんな図面作成から事務的な処理を、当社がお客様に変わって代行申請を行います。




検索できませんでした。




Copyright © ICHISHOUKAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.